介護の求人は益々増えていく~高齢化社会の必見オシゴト~

女性

長寿高齢化

建設ラッシュ

職業

現在の日本は長寿高齢化になりいたるところで老人ホームの建設が進んでいます。国が老人ホームの建設を後押ししその建設費用のほぼ全額を補助し介護保険の登場で介護が儲かると聞いた他の業種の参入もありその数はうなぎのぼりに増えています。ですが建物は多くたちますがそこで働く人はまだまだ少ない感が否めません。これらの老人ホームが立つたびにその業者は介護をする人の求人を行います。ですが給与の安さ、介護の大変さから応募が少ないのが実態で求人に応募して働いてもその苛酷さから離職する人も多い職場になっています。国の特別手当の支給や事業所自体の待遇の改善で持ち直しはしてきているものの依然として介護に携わる人の人数は少ないのが現状になっています。

人手が足りない

介護事業所で働くためにはほとんどの事業所が介護の初期講習を受けた人を求人しています。この講習を受けるためには費用が掛かります。ですから事業所ではこの受講料を企業で負担したり、あるいはこの講習を受けていない人でも採用をしている事業者が多くなっています。それだけ人材難ということで、人手が足りていないということです。そこに暮らす老人たちは24時間祖生活をしているわけですから当然24時間のケアが必要になってきます。そうなると交代勤務もしなければならなくなってきます。これらのことから介護者の求人を行ってもその応募が少なく、入ってもすぐやめていく人も多くなっています。事業者は短時間でも働いてもらいたいためにパートやアルバイトを募ったり派遣会社を通して介護人をあつめることもしています。